ボーカルオーディションに挑むなら自分の武器を把握しよう

男性

ポイントは素直さ

子供

キッズモデルになるには、重要な必須条件があります。それは素直さです。忠告や指南を聞けなければ、仕事になりません。挨拶できることに加え、素直さを持ち合わせた子どもが向いています。

もっと読む

チャンスを得るなら

マイク

声優になるにもオーディション、なって後も役を得るのには、オーディションを合格することが必要になります。オーディション慣れしておくようにしましょう。学生でも昨今では大きなチャンスが転がっているものです。

もっと読む

向いている性格を知る

男の子と女の子

キッズモデル向きの子には共通点があります。まず性格の見極めをしっかり行なうことで、子どもも楽しく仕事をこなすことができるでしょう。キッズモデル向きの性格なら、事務所にエントリーしてみてはいかがでしょうか。

もっと読む

戦える手段を把握する

録音する男性

ライブなどで場慣れもしてきて、本格的なデビューを目指すボーカル志望さんも多くいるでしょう。オーディションに臨む前に、ボイストレーニングや、健康管理などさまざまなことに注力している人も多くいます。万全の準備ができたら、後は審査のポイントを意識しながらイメージトレーニングに臨みましょう。音域、音程、声量、強弱、ビブラートなどの声や技術面は、日々の練習や積み重ねがものをいいます。オーディションの難関は、場の空気に飲まれないことです。自分の立ち位置、見せたいもの、売り込むポイントをはっきりと意識しましょう。オーディションのライバルと同じ土台に立たなくても、自分の売り込むところをぶれずに見せられるかがポイントです。ボーカルとしての自分の強みは何かを、オーディション前にしっかり把握しましょう。把握しておけば、つられて苦手ステージで無理に戦うということを避けられます。オーディションは総合点を意識するのがポイントです。ボーカルとして音域で負ければ、声量や音程の正確さ、表現で上回りましょう。逆にほかで、参加ボーカルに劣るなら、絶対負けないポイントを一つ以上作っておくのが重要です。チャンスは、合格だけではありません。磨けば光るものを見つければ、審査を通るほかにも、別枠でお誘いがくることもあります。自分を見失わずに、自分の武器で最大限に戦う方法を探してオーディションに臨むと良いでしょう。イメージトレーニングと心の準備ができたら、後は体調管理をしっかりして、万全を期すのがもっとも重要なポイントになるでしょう。