ボーカルオーディションに挑むなら自分の武器を把握しよう

ウーマン

チャンスを得るなら

マイク

声優になるならオーディションを経て、養成所や事務所などに入り、在籍することが必要になります。多くの声優は、劇団などから養成所へ行くケースと、声優専門コースのある専門学校からオーディションを経て声優になるケース、役を得るオーディションに合格するケースがあります。現在では、声優事務所などだけでなく、民間にも開かれているオーディションもあります。例えば、有名な動画投稿サイトや声の投稿サイトなどでは、時折、ゲームやアニメーションの配役などを募集するオーディションが行なわれています。昨今は、比較的参加しやすくなったともいえるでしょう。さらに、民間のオーディションでデビューしている声優もいます。それだけ、実力でのし上がることができるチャンスは多くなっています。投稿サイトや、民間オーディションなど間口が広くなっていることもあり、17歳以下の少年少女のころにデビューを果たすこともできるようになりました。養成所や、事務所にエントリーしてオーディションを受ける学生も多くいます。14歳で声優として役を得ることに成功している人もいますので、挑戦し続けて場慣れしておくのも良いでしょう。特に声優として働き始めてからも、役を得るのには売り込みやオーディションに出ることになります。常に切磋琢磨し、実力をつけていかなければ自然淘汰される職業でもあるのです。憧れの職業になっても、日々精進していく覚悟を持って挑むことが必要です。